【うさぎ島1泊2日の旅】(1日目)うさぎの楽園、広島の離島「大久野島」に行ってきた

どうも、ヒロキです。

つい先日の4月27〜28日、うさぎの楽園と呼ばれる広島の離島「大久野島」に1泊2日で(一人で)に行ってきました。

大久野島には野生のうさぎが約700羽も生息している、まさにうさぎの楽園。

今回はそんなうさぎの楽園に行ってきたので、モフモフ体験談を語らせていただきます(笑)

結論から言うと、もう最高です天国です素晴らしすぎる!!

うさぎは可愛いし、大久野島の散歩も楽しいし、景色も良いし、あとは島内に唯一あるホテル「休暇村」も最高でした。

大久野島は日帰りで行く人が多いようですが、個人的には1泊2日のゆったり旅をぜひおすすめしたいですね。

それでは、僕の天国のような体験談をご堪能くださいませ。

目次

【10:30】名古屋から大久野島へ(新幹線、電車、フェリー)

旅のスタートは僕の地元、名古屋から。

名古屋から大久野島へ行く場合、いろんな行き方がありますが、僕は今回新幹線と電車、フェリーを乗り継いで行きました。

新幹線で行く場合も色々と乗り継ぎ方法がありますが、僕の場合は岡山でこだま号に乗り換えて三原へ、そこから在来線でフェリー乗り場のある忠海駅へ、そしてフェリーに乗って大久野島に上陸といった感じです。

まずは、名古屋から岡山までのぞみ号でいきます。

最初は普通車の指定席で予約取っていたんですが、乗車前(新幹線改札を通る前)に予約状況確認したら普通車がほぼ満席になっているではありませんか。(GW前だからかな?)

そんなぎゅーぎゅー詰めの車内なんて真平ごめんなので、+4,000円で急遽グリーン車に変更しましたw

やっぱりグリーン車はいいね。

ほぼ必ずと言っていいほど隣の席が空いているので、荷物が置ける。

うん、グリーン車は快適で素晴らしい。

もうグリーン車以外乗れる自信がないw

名古屋を出発してから約1時間半で岡山に到着。

次の目的地「三原駅」へ行くためには、新幹線こだま号に乗り換える必要があります。

(一応、新幹線で「福山駅」まで行って、そこからJR在来線で「三原駅」に行くという方法もあります)

そのままこだま号に乗り換えて行ってもよかったんですが、昼飯どきだったこともあり、一旦岡山駅で降りて昼食を調達することにします。

岡山駅にあるショッピングモール「さんすて」へ。

ここにはいろんな惣菜や駅弁、グルメ、お土産などが勢揃いしているので、見るだけでも楽しい。

ちなみに、今回は「山田村」というところでおにぎりをゲット。

実は岡山駅には過去2回ほど来ており、この「山田村」のおにぎりも食べたことがあるんですが、ここのおにぎり超うまい!

ので、リピートしました。

他にも、成城石井でポテトサラダを、パン屋で菓子パンを3個ほど購入(買いすぎたw)してから、再び新幹線乗車口へ。

三原行きのこだま号を待ちます。

そして、こだま号がやってきました↓

まさかのハローキティー号という。

キティー好きにはたまらんだろうね(僕は全く興味ないw)

乗車したら早速購入したおにぎりたちをいただこう。

おにぎりは「ツナマヨ」「チーズ明太」「うめしらす」の3種を購入。

どれも美味しかったけど、一番は「チーズ明太」かな。

無限に食べられる。

このあと、成城石井のポテトサラダも食べてお腹苦しくなるw

このあと大久野島を散策するのに、食べ過ぎはよくないねw

岡山駅からこだま号で約40分後、三原駅に到着。

ここで忠海駅行きの電車を待ちます(1時間に1本あるかないかなので、結構待った)。

三原から約30分で、フェリー乗り場の最寄駅「忠海駅」に到着。

ただいまの時刻、14:30。

ここから5〜10分歩くとフェリー乗り場と待合所があります。(↓ここの踏切渡る)

フェリー乗り場の待合所です↓

とてもわかりやすい。

フェリーのチケットは中の券売機で買えます(現金のみ)。

片道360円、往復720円ですね。

待合所にはうさぎにちなんだお土産がたくさん売っています。

また、うさぎの餌もここで買えます。

(島内には餌が売っていないので、ここで買っておきましょう)

1袋200円で、今回は2袋購入。

それプラス、今回は自前でうさぎ用の餌を用意↓

これだけあれば完璧、、、と思っていたのですが、

結論から言うと全然足りなかったですw

もっと買っておけばよかったと後悔。

今度行くなら2kgくらいのペレット大袋を持っていこうw

あと、待合所にはカフェコーナーもあり、ソフトクリームも販売していました。

僕の前に並んでいた人がソフトクリーム注文したのを見て、つられて僕も注文(1つ400円)。

ソフトクリームにしては高めですが、お味の方は、、

めっちゃうまい!!

濃厚なのに後味さっぱり。

これ、普通に北海道の田舎牧場にある人気ソフトクリームのうまさに匹敵するんじゃないか。

個人的には大当たりでした。

フェリーの待ち時間にぜひ。

しばらくして乗船のアナウンスが流れたので、フェリーに乗り込みます。(15:00発)

小型船だけど意外と人乗れる。(平日なので人少なかったのが幸い)

天気が良いと景色も良い。

フェリーの座席にうさぎに関する注意書きが↓

これは事前に読んでおいた方がいいですね。

忠海港を出港して15分ほどで大久野島へ到着しました。

【15:15】大久野島へ上陸。ここはモフモフ天国か!うさぎの圧倒的可愛さに悶絶

15:15ごろ、念願の大久野島へ到着しました。

ここから本日泊まるホテル「休暇村」へはシャトルバスで行くこともできますが、歩いたとしても10分ほどで行けるので今回は徒歩で行くことにします。

歩き始めて間もなく、うさぎさんが出迎えてくれました。

人間を見るや否や、一目散に駆け寄ってきます。

あぁ、尊い😍

「餌くれ」アピールがすごいw

1匹に餌をあげると、2匹、3匹と続々と吸い寄せられてきます。

食べるの早い、、どんだけ腹減ってるんやw

でも、美味しそうに食べているのを見るだけで、こっちも幸せになれる☺️

休暇村まで徒歩10分コースなのに、数々のうさぎ達に絡まれてしまうため、とても10分じゃ行けそうにない。

お急ぎの方は、うさぎの「餌くれ」攻撃には要注意ですw

途中、キャンプ場らしきエリアがありました。

ここでキャンプもいいですねぇ。

キャンプ場エリアにはうさぎが入らないよう柵がしてありましたが、どこからかうさぎが入り込んでいましたw

うさぎはここでキャンパー達に食料を集ろうという算段なのでしょうかw

キャンプ場エリアの近くに子うさぎを発見。

小さくて可愛い。

「元気に育てよ」という願いを込めて、手持ちの餌(野菜)を全ベットしましたw

いやぁ、みんな食欲旺盛だもんだから餌があっという間に無くなるわ。

結構多めに持ってきたつもりだったんですが、全然足りなかったw

ちなみに、大久野島の常連さんっぽい人は大袋にペレット2kg大袋や野菜をゴロゴロと入れて持ち込んでいました。

常連さんのやる気パネぇw

お腹いっぱいなのか、眠そうなうさぎ発見。

天敵があまりいないためか、大久野島のうさぎさんたちは警戒心が薄く、人間が目の前にいても平然と寝転がっていたりする。

こういう姿を見てると和みますなぁ。

他にも島内にはビジターセンターや、

毒ガス資料館があったりします。

ここで突然出てきた「毒ガス」と言うワード。

実は大久野島には昔、毒ガス製造工場があったとのことです。

詳しくは省きますが、毒ガス製造工場がなくなってからはうさぎの楽園として生まれ変わったそうです。

こんな景色も良くて素晴らしいところなのに、昔は毒ガス製造していた島なんて信じられませんね。

うさぎと戯れながらゆっくり進んでいくと、大きなヤシの木(?)が見えてきました。

ここが島内唯一のホテル「休暇村」です。

今日はここに泊まります。

さっそくチェックインしますか。

【16:00】本日泊まる宿「休暇村」にチェックイン。お部屋はどんな感じ?

16:00ごろ、本日のホテル「休暇村」にチェックイン。

まずは、フロント左手で「スマートチェックイン用紙」を記入してから受付に持っていきます。

スマートチェックインと言うもんだから、スマホで何かするのかなと思いきや、普通に紙に書く系ね。

「どこがスマートやねん!」

とツッコミたくなる僕を許してくださいw

スマートチェックイン用紙には夕食や朝食の希望時間を書く欄があるので、希望時間を記入します。

書き終えたら受付の人に渡してチェックインします。

(まぁ、色々と聞かれることが減ると言う意味でスマートなのかな)

ちなみに、僕が泊まった2023年4月27日(木)の1泊2食付きの料金は約15,000円

1泊2食でこの価格は安い。(2名だと1泊2食24,000円なので、人数が増えるごとに割安になる)

本来はもう少し高かった気がしますが、Booking.comで割引価格で予約取れたのでラッキーです。

土日祝や大型連休だともっと高いはず(てか、満室で取れない可能性が高い)。

休暇村泊まるなら平日に限りますね。

ホテル内にはカフェもあり、ちょっとした軽食が食べられます。

カフェスペースの奥にはお土産店があります。

うさぎのぬいぐるみも売っています(可愛い、、)。

さて、チェックインも済ませたところで、お部屋の紹介といきましょう。

休暇村ホテルは全4階で、僕が泊まるのは2階。

それにしても、ここめちゃくちゃ広い(廊下が長い)。

端から端まで200メートルくらいあるんじゃないかな。

僕の部屋は202号室、奥から2番目だったので結構歩きました。

でも、嬉しいことに部屋の近くに温泉がある。

ホテル内には2階に2つ、「大沓の湯」「小沓の湯」と言う温泉がある。

それぞれ2階の端っこにあるのだが、僕の部屋からは「小沓の湯」が近い。

「小沓の湯」の湯は小さめだが、西側に面しているため男性浴室からは瀬戸内の多島美を拝めるのが嬉しい。

さて、温泉は後ほど入るとして、部屋の方はというと、、

第一印象は「思った以上に広い」のと「ちょっと古い」の2点。

一番狭い部屋を予約しましたが、それでも4人は余裕で寝れそうな広さです。

窓からの眺めも良さそう。

2階からでもこの景色。

瀬戸内海の海と島々の織りなす絶景と、目の前のグランドにはうさぎの愛らしい姿が。

ぶっちゃけ、部屋自体は結構古いので良いホテルに泊まり慣れていると少しがっかり感はありますが、窓からの景色だけでも「古い」と言うデメリットを十分帳消しにしてくれる。

机の上には冷水とお茶セットが用意されています。

テレビは少し小さめ。

コンセントがテレビ付近の1箇所にしかない、と思っていたら、テレビ台の中にはUSB付き延長コードが入っているので問題なし。

浴衣や温泉用のタオルも完備。

トイレはウォシュレット付き。

これはありがたい。

ただ、部屋にはお風呂がついていませんでした。

ちなみに、休暇村の館内には一部の部屋にしかお風呂がついていないみたいです。

まぁ、温泉が2ヶ所あるからいいか。

(ただ、部屋が満室だと温泉混みそう)

【16:30】夕食の時間まで散歩しつつ、うさぎと戯れてきた

チェックイン時に夕食の時間を決めますが、僕は一番早い17:30からにしました。

チェックインしたのが16:00ごろでこのまま部屋でダラダラ過ごしても良かったですが、せっかくなので夕食までの時間を軽く散歩することにしました。

行きで通らなかった西側の歩道へ。

いやぁ、海が綺麗ですなぁ。

少し歩くと大きな広場に出たので行ってみると、、、

すげぇ、リラックスしたうさぎが団子になっとるw

尊い、尊すぎる😍

僕が餌の袋をポッケから出すと、うさぎが走って追いかけてきたw

うん、美味しそうに食べてる姿かわゆす。

他にも可愛いうさぎさん達とたくさん戯れて、僕は夕食前からすでにお腹いっぱいです(精神的な意味で)。

【17:30】「休暇村」の夕食ビュッフェが想像以上に良かった。ここはまた来たい

散歩してたらあっという間に夕食の時間になったので、さっそく1階の夕食会場へ向かいます。

1泊2食付きで15,000円なので、当初はそこまで期待していなかったんですが、

入ってみると、

想像以上に良さげ!?

海鮮系が多い印象です。

カンパチの刺身まであります。これ大好きなんだよな。

鯛やイカの刺身まで。

これはお茶漬けコーナー。

後から気づいたんですが、こちらのお茶漬けと鯛の刺身を組み合わせて「鯛茶漬け」作ったら絶対うまいでしょう。

(お腹いっぱいになった最後の方に気づいたのが残念)

こちらはラーメンコーナー↓

寿司まである↓

揚げ物系↓

サラダ系↓

こちらは焼いたエビ、はまぐり、タコ↓

そして、個人的に目玉だと思ったのが広島牛のサイコロステーキ↓

このサイコローステーキに甘ダレとガーリックチップ、わさびを添えていただくと最高にうまい。

第一弾はこんな感じ。

せっかくなので生ビールも注文しました。(有料。チェックアウト時にまとめて支払います)

お味の方は、、、

どれもハズレがないと言っていいほど美味しい。

僕は今回、すぐにお腹がいっぱいにならないよう「ご飯もの系」は控えて海鮮系ばかり食べましたが、

海鮮系はどれも新鮮でうまい。

まさかこんなに種類があるなんて予想外でした。

広島牛もなんとも言えない旨さ。

これ、ご飯の上にかけてステーキ丼にしたら絶対うまいやろ。

それに、今回は窓側の席を確保できたので、美味しい夕飯を食べながらの外の景色はまた格別でした。

この後、似たような海鮮料理を2回ほどおかわりしてそろそろお腹いっぱいになってきた頃、食後のデザートをいただくとしよう。

デザートコーナーにはわらび餅、柏餅、フルーツなど。

これはフルーチェって書いてあるけど、プリン?

あとはアイスクリームも。

すでに満腹でしたが、「デザートは別腹」と言わんばかりにわらび餅と柏餅、フルーチェの3種をいただきました。

どれも美味かった。

ただ、食べすぎて苦しいw

僕ってビュッフェ行くと毎回食べすぎてしまうんですよね。

体に良くないとわかっていても、つい。

それはともかく、今回の夕食ビュッフェの内容は個人的にかなり満足度が高かったです。

つい最近行った出雲大社の某ホテル(1泊2食で22,000円)の夕食ビュッフェなんかより全然良かったw

あわせて読みたい
【出雲大社1泊2日の旅】(1日目)なんとなく出雲大社に行ってみた。神社、割子そば、ぜんざいロールなど... どうも、ヒロキです。 つい先日の4月11〜12日、1泊2日で(一人で)出雲大社に行ってきました。 今回、出雲大社へ行こうと思った理由は「なんとなく行ってみたかったから...

これは翌朝の朝食ビュッフェにも期待できそうですね。

今日はうさぎにも癒されたし、夕食ビュッフェでお腹も満たされたし最高の1日でした。

明日は朝イチで温泉入って、そのあと朝の散歩をしてから朝食ビュッフェを食べようと思います。

2日目へ続く。

大久野島の旅行記一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛知出身の35歳独身、月収数百円のブロガー(ほぼ無職)やってます(笑) / 国立大学院→大手自動車部品メーカー3年→NZワーホリ1年→日本各地で季節労働5年→無職ブロガー3年目 / 旅が好き。無職だけど旅行バンバンします(笑) / 旅行記メインでゆる〜く発信してます。役に立つ情報を発信する気は1ミリもありません(笑)

コメント

コメントする

目次