【宮島1泊2日 男ひとり旅(2日目)】「ホテル宮島別荘」の朝食ビュッフェ→チェックアウト後に「焼きがきのはやし」へ。牡蠣うますぎた!

2日目の朝がやってきた。(→1日目の記事

今朝は5:30に起きて温泉へと向かう。

さすがに朝早いので誰もおらず、貸切状態だ。

朝風呂で寝汗をスッキリさっぱり洗い流して気分爽快。

さて、今日この後の予定はというと、、

7:30〜ホテルの朝食ビュッフェを食べて、10:20ごろにチェックアウトし、宮島旅行の第2の目的である「焼きがきのはやし」で死ぬほどうまい牡蠣を食べる予定だ。

牡蠣を食べたらちょっくらお土産買ったり鹿と戯れたりしつつ、そのまま帰宅しようと思っている。

まぁ、昨日に引き続き食ってダラダラするだけだw

さて、今日も気合い入れて食べに行くぞ!!w

目次

朝食ビュッフェは一品一品クオリティが高め。どれもうまい!

7:30過ぎ、朝食会場へとやってきた。

平日の朝一とだけあってか、人は全然いない。

人が少ないビュッフェ会場は最高や!

さて、朝食ビュッフェはどんなメニューかな、、ワクワク♪

左端から順番に見ていこう。

こちら、ウインナー2種。

ウインナーからすでにクオリティ高め。

こちら、ベーコンとスクランブルエッグ。

朝食ビュッフェといえばスクランブルエッグで決まりでしょ!

僕は最近、いろんなホテルに泊まっているが、朝食ビュッフェでスクランブルエッグを提供しているホテルが意外と少ないので、これは嬉しい!

こちら、シャキシャキする野菜の炒め物と鯖の塩焼き。

こちら、ポテイトと「がんす」のフライ。

「がんす」とは白身魚のすり身を野菜などと一緒にパン粉をつけてフライにしたもの、らしい。(広島名物らしい)

オーダー制のフレンチトースト。

朝食会場に案内されると、まず最初に「フレンチトーストはいかがですか?」と聞かれるので、欲しければ「Yes!」一択だ。

焼き上がるのに10分ほどかかるので、先に頼んでおいた方がいいだろう。

こちらは肉巻きおにぎり。

これは、、温泉卵かな。

第2コーナーへ。

こちらはサラダコーナー。

みんな大好きサーモン、生ハムなどなど。

しゃもじ型のかまぼこ、うなぎ?、ひじき。

納豆と生卵。

これで納豆卵かけご飯が完成する。

こちら、筑前煮。

ご飯に合いそうな漬物などのおかず類。

美味しそうなおかず3品。

コーンスープ。

味噌スープ。

まぼろしのお米「桑田米」のご飯。

イチローも大好き、朝カレー(ビーフカレー)。

パン。

みかんとトマトジュースとスムージー。

朝からソフトクリーム、いっちゃう?w

デザート3品。

ドリンク朝バージョン(牛乳、野菜ジュース、グレープフルーツジュースなど)。

左側にはコーンフレークもある。

こちらはいつものソフトドリンク、コーヒー類。

以上、朝食ビュッフェのメニューはざっとこんな感じだ。

夕食ビュッフェほど品数はないが、個人的には十分な品数だと思う。

早速、取ってきた。

さすがに全種類も取ってきたら食べすぎてしまうので、全体の半分くらいの種類をちょびちょびと。

では早速、食べてみよう。

お味の方は、、

うん、、ソーセージ、スクランブルエッグ、サーモン、フレンチトースト、コーンスープ、和食のおかず、、

どれもうまい!!

今回の朝食ビュッフェ、一品一品クオリティが高いのでどれを食べてもハズレはない。

フレンチトーストは安定のうまさ!

あと、個人的にコーンスープはコーン以外にも具(野菜)がたくさん入っていて美味しかった。

どれも美味しかったので本当はおかわりしたかったのだが、、

この後大本命の「焼きがきのはやし」の牡蠣を食べないといけないので(←義務w)、朝食は控えめにしておいた。

牡蠣を食べる予定がなかったら、おそらく苦しくなるまでおかわりしていたことだろうw

さて、朝食を食べ終えたのでチェックアウトまでしばらく部屋でダラダラ過ごそうw

いざ、「焼きがきのはやし」へ。死ぬほど美味かった!

ホテル宮島別荘をチェックアウト後、重たい荷物を一旦預けてからそのまま「焼きがきのはやし」へと向かう。

今日の天気予報は曇りとのことだが、見事に晴天だ。

ただ、外はクソ寒い。

今日は最低気温が-2℃とかキチガイな寒さなので、モコモコダウンジャケットがないと凍え死ぬレベル。

いやぁ、モコモコにしてきてよかったわぁ。

途中、宮島名物の鹿さんに遭遇。

宮島の鹿は人馴れしているが、とてもおとなしいので程よい距離感を保ってくれる。

奈良の鹿はちょっとでも怪しい動きを見せようならば(鹿せんべい持ってそうなやつ見つけ次第)、追っかけ回してくるから厄介w

さて、ホテルから歩くこと約10分。

本日のメイン会場へとやってきた。

こちら、「焼きがきのはやし」でございます。

10:30〜の開店に合わせて到着したので、まだ誰も並んでいない。

店に入ると、1人先客がいるだけで、ガラガラ。

開店して間もなくは空いているので(平日はね)、贅沢ながらも4人がけのテーブル席を使わせてもらえた。

さっそく、メニューと睨めっこする。

単品からセットメニューまで様々だが、今回はもう注文するものを決めている。

「焼きがき」「生がき(2ヶ入)」「かきの天ぷら」の3品だ。

定食メニューも考えたが、朝ごはんですでにお腹いっぱいなので、牡蠣くらいしか食べられない(ご飯物とかムリ)。

ちなみに、焼きがきは注文してから焼くため、20〜30分ほど時間がかかる。

逆に、生がきは注文してから一瞬でやってくるw

時間がない時は生がき一択だ。

まずは、一瞬でやってきた生がきから。

1個あたり、かなり大ぶりな牡蠣だ。

酢醤油だっけ?ポン酢?(忘れたw)とレモン、紅葉おろしをつけていただく。

さて、生がきのお味は、、

バチクソうめぇ!!(←言い方w)

言い方変えると、

昇天しそうなほどうまい!!

新鮮でプルンプルンの身、噛むたびに口の中に広がるクリーミーな味わい。

牡蠣独特の臭みも全くなく、つるんといただける。

口の中は幸せまみれだ。

生がきで昇天してたら、続いてかきの天ぷらがやってきた。

こちらは昨年食べて感動したので、リピート注文。(あ、生がきもリピート注文だったわw)

こちらは付属の塩こしょうとレモン汁につけていただく。

お味は、、

うんメェ〜〜〜〜!!!

羊が思わず鳴いちゃうほどうめぇw(ちょっと何いってるかわからないw)

こちら、外は衣がサクサクで、中はクリーミー。

最高かよ!!

焼きがきができるまで時間がかかるのでゆっくり食べようと思ったが、美味しすぎて一瞬で胃袋へと消えた。

最後は、メインの焼きがきだ。

待つこと約20分、ついにやってきた。

この店名物の焼きがきだ。

メニューには3ヶ入と書いてあったが、大きさによっては4ヶ入になることがあるらしい。

僕のは4ヶ入だから、サイズ小さめなのかな?

と思って侮っていたら、

どんだけ〜〜!!!

え、全然デケぇやんw

どれも肉厚でプリップリ。

想像以上のボリュームに狩野英孝もびっくりだわw

焼きがきにはしょうゆ&塩味が付いているので、そのままいただく。

さぁ、本命のお味は?

なんと表現していいのかわからんが、とにかくうまい!!

焼くことによるものなのか、身に程よい弾力があり噛み応えがある。

程よいしょうゆ味が食欲をそそる。

これはクセになる旨さだ。

お酒が飲みたくなってくるw

そういえば前回、高級旅館「岩惣」の夕食(コース)で焼きがきが出たが、牡蠣の殻の割に身がミジンコ並に小さかったのを思い出したw

その時は「牡蠣は焼くと小さくなる」と思っていたが、今回食べた焼きがきを見て認識を改める必要があるようだ。

もう、焼きがきを食べるなら「焼きがきのはやし」以外はあり得ないと。

まぁ、まだ他に美味しい牡蠣の店はあると思うが、宮島の中で今のところは「焼きがきのはやし」が最強だと思う。

あ〜来てよかった!

ただ、最後に現実が待っていた。

ですよねぇ〜。

かき3品で4,000円近く吹っ飛んだ。

ヒエェェェェ〜〜〜!!!

揚げもみじ食う&お土産買って帰宅へ。

死ぬほどうまい牡蠣を食べて満足したので、最後に食後のデザートでも食べて帰ろうと思う。

「焼きがきのはやし」がある通りと同じ通り沿いをぶらぶらと見て回る。

この辺はお土産屋がたくさんあって、見て回るだけでも楽しい。

さて、次の目的地はこちら、「博多屋」。

今回泊まった「ホテル宮島別荘」の、1Fラウンジに置いてあったもみじ饅頭はここで買うことができる。

さて、ここに来た目的だが、もみじ饅頭を買うためではなく、

昨日ホテルでもらった「揚げもみじ饅頭 無料引換券」を使うためだ。

このチケットで名物の揚げもみじをゲットする(揚げもみじ or 焼きたてもみじ が選べる)。

これが僕の食後のデザートとなるわけだ。

無料引換券を渡して待つこと5分ほど、

揚げもみじをゲット。

博多屋の向かいにも揚げもみじの店があるが、こちらは激混みだった。

どうやら、こちらの方が人気あるらしい(揚げもみじ発祥の店だから?)。

ここで食べてみたい気もするが、せっかくタダで食べられるんだから博多屋一択でしょw

ちなみに、博多屋の揚げもみじだが、普通にめっちゃうまい!

全然こっちでも幸せになれる。

揚げもみじを食べたら、もみじ饅頭が欲しくなってきたのでw

お土産にもみじ饅頭を買って行こうと思う。

ということで、やってきたのはこちら↓

「岩村もみじ屋」というところだ。

ここのもみじ饅頭は美味しいと評判なので、ずっと行きたいと思っていたのだ。(広島在住の人がおすすめするほど)

実は、前回の宮島旅行でここ「岩村もみじ屋」のもみじ饅頭を買おうと思っていたが、僕が行ったときは朝早すぎてまだ営業していなかったので諦めたのだった。

ということで、前回のリベンジも兼ねてここにやって来た。

こしあんの6個入りを購入。

家に帰ってから食べようと思う。

もみじ饅頭は、同じ種類でも店によって全然味が違うことがよくあるので、、

この岩村もみじ屋のもみじ饅頭がどれほど美味しいか、食べるのが楽しみだ。

これで大方の目的は達成したので、そろそろ帰ろうと思う。

預けた荷物をとりにホテルへと戻る。

すると、「ラウンジまだご利用いただけますので、ごゆっくりどうぞ」とのこと。

「マジで!?!?」

チェックアウト後もラウンジ利用できるなんで、神ホテルすぎる!!

遠慮なくラウンジへ行き、最後の食い意地を見せる。

アイス好きすぎやろw

ホテル滞在中にスジャータのアイス3個食べた。

スジャータのアイス食べたくなったら、またこのホテルに泊まろうw

アイスを食べて体が冷えた頃、ホテルを出てフェリーターミナルへと向かう。

11:55発のフェリーで宮島口へと向かう。

さらば宮島。

また牡蠣が食べたくなったら宮島行くからなw

以上、1泊2日の宮島旅行記でした。

最後まで読んでくれて、サンクス。

来年は1月中旬にシンガポールに行く予定なので、次回の旅行記はシンガポールになるかと。

それでは、また〜!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛知出身の35歳独身、月収数百円のブロガー(ほぼ無職)やってます(笑) / 国立大学院→大手自動車部品メーカー3年→NZワーホリ1年→日本各地で季節労働5年→無職ブロガー3年目 / 旅が好き。無職だけど旅行バンバンします(笑) / 旅行記メインでゆる〜く発信してます。役に立つ情報を発信する気は1ミリもありません(笑)

コメント

コメントする

目次