【屋久島2泊3日の一人旅】(1日目)4年ぶりに屋久島へ行ったら…まさかの結果に。泊まってみたかった宿でショックな出来事も。

どうも、ヒロキです。

先日、5月16〜18の2泊3日で屋久島に(一人で)行ってきました。

実は僕、屋久島にはかれこれ4〜5回も行くほど、屋久島が好き…でした。(←ん?)

最後に屋久島行ったのが4年前なので、今回はコロナ明けの久々の屋久島と言うことでかなり楽しみにしていました。

だがしかし、、、

結論から言うと、今回屋久島に行かなければ良かったと後悔するほど、全然楽しめませんでしたw

あれほど屋久島が好きだった僕が、一体どうしたと言うのでしょうか。

詳しくは後ほど。

今回の記事は屋久島の情報というよりは、「僕がいかに屋久島を楽しめなかったか」という部分をゴリ押ししていますw

屋久島の情報メインで知りたいと言う方は、残念ながら僕のブログを読んでも1ミリも役に立たないと思うので、ググって他の人のブログを読むことをおすすめしますw

それでも読みたい物好きな人はぜひw

(とは言いつつ、ちゃっかりうまい飯とスイーツは堪能してきたので、目の保養になりそうな写真で許してください笑)

目次

そもそもの話。

先ほど、2泊3日で屋久島へ行ったと言いましたが、元々は3泊4日で予定していました。

しかし、3日目が大雨確実だったこともあり、屋久島滞在中に急遽1日早めて帰ることにしました。

それで2泊3日になったわけです。

そもそもの話、旅行日の1週間くらい前から天気予報の雲行きが怪しかった。

それもあってか、屋久島へ行くのがだんだん億劫になってきましたw

だって、屋久島行って天気悪かったら意味ないですし。

もちろん、屋久島は雨でも楽しめるスポットはあるんですが、僕の経験上、雨降ると楽しみは半減どころか9割くらい低下します。

(まぁ、気持ち次第でしょうが)

屋久島メインのトレッキングも雨が降ればただの修行になるし、レストランやカフェも宿によっては気軽に歩いて行ける場所にないので移動が面倒くさいし。

雨の日はホテルに引きこもるに限る!w

(こういう時、屋久島の高級ホテルに篭りたいw)

僕の晴れパワーに免じて奇跡が起きないか祈っていたものですが、むしろ旅行日が近づくにつれて3日目以降の雨が確固たるものに変わっていき、、

僕の屋久島行きたい欲がどこか遠くに置き去りになってしまいました。

出発日の前日に至っては、「屋久島行くのめんどくせぇ」って思うほどw

トレッキングしようかとも考えていましたが、それすら面倒になり。(縄文杉も白谷雲水峡も宮浦岳もすでに行ったことありますし)

それでも、ブログのネタが欲しかった(という建前で超暇だったので家出たかったw)ので、ドMな僕は自分に鞭を打つように屋久島へ旅立ったのでしたw

でも、結局1日早めに帰りたくなるほどつまらなかった(今回泊まった民宿でも残念なことがあった)ので、残念無念また来年な旅行になりましたがw

ということで、今回の旅行記は「いかに過酷な旅だったか」(大げさw)を愚痴る回になるので、「ヒロキのクレイジーなブログ読まないとやってられねぇんだよ」ってくらい病んでいる方、もしくは普通に興味のある方だけ読み進めてくださいw

(とは言いつつ、屋久島への行き方、鹿児島空港での時間の潰し方、安房のグルメについては参考になるかもしれないですw)

それではどうぞ。

いざ、屋久島へ。中部国際空港→鹿児島空港→高速船で屋久島に上陸。

まるで社会人時代の、憂鬱な月曜日がやってきたかのような気の重さで目覚めた屋久島出発日w

今日は中部国際空港(セントレア)8時発の便に乗るため、早朝には起きていました。

ちなみに、今回の荷物はこんだけ↓

旅行にしては荷物少ない方だろうが、いつもリュック一つで旅に出る僕からしたらちょっと多め。

まぁ、今回は3泊4日で予定していたので(途中で2泊3日に変更した)、必然的に着替えも多くなる。

それに、今回はワーケーションが売りの民宿に泊まるので、パソコンも持っていくことにしました。

MacBook Airといえど、+1.3kgの重量はなかなかキツイ。

それはともかく、眠い目をこすりながら5:30には自宅を出発して最寄駅へ。

平日だけど始発なだけあって、人が全然いない。

途中、セントレア行きのミュースカイ(全席指定の特急)に乗り換え、7:00ごろにはセントレアに到着。

コロナが完全に終息した(というか忘れ去られた?w)のか、朝からものすごい人がいる。

早速、今回僕が乗るスカイマークにチェックイン。

スカイマークはコスパが良いので、最近よく利用している。

1ヶ月以上前に予約すれば格安航空会社並み(てかそれ以上)に安いし、荷物も預け20kg、機内も10kgまで無料で持ち込めるし、予約の変更もできるし(「いま得」以外)、キャンセル料も良心的な価格だし。

ピーチやジェットスターなんかは安い代わりに荷物制限厳しいし、変更はおろかキャンセルできない、、キャンセルしたら返金されない、返金されても使い道のないピーチなんとかポイントで返還、その割にスカイマークの最安値と同じくらいだし、、本当にクソ…ゲフンゲフン

もうピーチやジェットスターの時代は終わった。

これからはスカイマークの時代じゃー!!w

さて、チェックインも終わったし保安検査所へ行くか〜って向かったら、、

めっちゃ並んどる。

人多くね??

まぁ、レーン数が多かったので混んでいる割には10分くらいでスムーズに通過できました。

通過したらそのまま鹿児島行きの搭乗口へ。

定刻の8:05に無事出発しました。

セントレアから鹿児島までは約1時間20分。

1時間くらいすると九州の陸が見えてきました。

そして、定刻よりも10分くらい早い9:20に鹿児島空港に到着。

そのまま荷物を受け取りに行きます。

この後、屋久島行きの高速船に乗るために高速船ターミナル(鹿児島港)に向かうのですが、高速船の出発が13:00。

まだ3時間半も時間があるので、空港でお土産見学しつつランチを取ることにしました。

鹿児島空港きたらいつも買っていくお土産↓

ROYALのスイートポテト好きなんだよなぁ。

見てたら食べたくなってきたので、今夜のおやつ用に2個入りの紅寿(写真右上)を買っていくことにしました。

この後、ランチに行こうと思ったんですが、まだ目的の店が営業していないので、暇つぶしがてら展望デッキに行ってみる。

ほほぅ、なかなか良い眺めではないか。

人がちらほらいて、黄昏ていますなぁ。

天気の良い日は展望デッキでのんびりするのもありですね。

5分ほどのんびりしてたら、ランチの営業が始まったので、早速店へと向かいます。

その目的の店がこちら↓

「ふく福」となんとも縁起が良さそうな名前ですね。

ここは鹿児島空港に来るたび(多分かれこれ5回以上は来ている)に寄っている店。

「ふく福」は和食がメインだが、おすすめメニューは「黒豚」系のメニューだ。

そして、僕がここでいつも頼むメニューはこれ↓

黒豚つけ麺。

この黒豚入りのつけ麺スープがうまいんだよなぁ。

これから屋久島へ行くのだが、もう鹿児島空港でグルメを満喫するだけの旅行で良くね?なんて考え始めている僕がいましたw

とは言うものの、せっかくここまで来たんだから屋久島へは行こう、、と気力を奮い立たせて向かったのはバス乗り場。

ここで、高速船ターミナル行きのバスチケットを購入します。

空港から高速船ターミナルまで1,400円(2023年5月現在)。

大型のリムジンバスで向かうので大きな荷物が預けられるのがいい。

出発の15分前くらい、早めに並んでおきます。

そして10:45に出発。

約50分で高速船ターミナルに到着しました。

ここで、13:00の出発時間までしばらく待ちます。

ちなみに、高速船は事前予約制で僕はすでにネットで予約していましたが、出発時刻の1時間前になるとチケットの発券および座席指定の受付が始まります。

無事に屋久島行き高速船チケットをゲット↓

だがしかし、ここで僕は重大なことに気がつきました。

なんと、僕が乗る13:00発の便は種子島経由の屋久島行きで、この直後13:20に出発する便は屋久島直行便だったのです。

つまり、13:20発の便の方が早く屋久島に到着するんですよ(しかも20分くらい早く着く)…

オーマイガーーーーーー!!!

ネットで予約するとき、完全に見落としていた。

ショックや。

早割で安くなっている関係で変更が1回までしかできない。

今13:20の便に変更しようと思ったんですが、もしかしたら帰りの便変更するかもしれないので、今回は泣く泣く13:00発の便に乗ることにしました。(結果的に、帰りの便を変更したのでこの判断は大正解でした)

出発まで時間があったので、待合所後方にあるお土産店を見学していたら、、

お土産店のおばあちゃんに絡まれて、「サンドイッチ、おにぎり美味しいよ〜買ってって〜!」とか目で訴えてくるもんだから、、

買ってしまった。

まぁ、ランチから1時間以上経過して小腹が少し空いていたので、ちょうどいいか。

買ったサンドイッチ(ドッグ?)を口に詰め込み、しばらくダラダラしていたらあっという間に出発時間がやってきた。

待合室にはたくさんの人がいましたが、そのほとんどは屋久島行きの人で、、屋久島行きの人は13:20発の便に集中するので13:00発種子島経由に乗る人は案の定少ない。

まぁ、人少なくて快適だから良しとするか。

海ですなぁ↓

ここから種子島を経由して、約2時間30分で屋久島が見えてきました。

(ちなみに、僕以外の全員は種子島で降りていきました、、そりゃそうだ。僕だけ残ってて恥ずかしいw)

15:35ごろ、ついに屋久島の宮之浦港に到着。

前回屋久島に来たのが2019年なので、実に4年ぶりの上陸です。

んで、上陸して真っ先に感じたのが、、

暑い、、、とにかく暑い!!🥵

あれ、数日前まで少し肌寒かった気がするんですが、、もう夏?春はどこ行ったんですか?w

今日は半袖の上に薄手のパーカー着てきたのですが、暑過ぎてパーカー即脱ぎ。

暑さに打ちのめされる暇もなく、本日の目的地の「安房」に向かうためバスに乗り込みます。


宮之浦港から安房まで約40分。(料金は880円…高い)

本日泊まる民宿の最寄り(と言っても徒歩20分かかるw)バス停に到着。

それにしても、暑い。

安房の路肩に生えているヤシの木(?)が南国っぽさを醸し出してくれる。

ここから歩いて本日泊まる民宿「旅人の宿 まんまる」へと向かいます。

なんか、歩いていたら途中の民家の出入り口あたりで地元のおばあちゃんに絡まれた。

「どこから来たの?旅行?」

とかならわかるけど、なんか独り言みたいによく分からん会話の変化球投げてくるもんだから、、

面倒くさくなってスルーw

しばらく歩くと、宿への案内看板が見えてきました。

もうすぐで着くのかと思いきや、、

まだ300メートルもあるんかい。

こちとら、すでに15分くらい歩いているのに、、キャリーケース引きながら残り300メートルを歩くなんて絶望でしかないw

そんな風に心で文句を言いながら歩いていたら、いよいよ見えてきました。

敷地内の手前には猫注意の看板が↓

宿の全貌が見えてきました。

さっそく、猫がいた↓

ここの宿はワーケーションの他に、猫も一つの名物になっているみたいです。

5〜6匹くらいの猫を自由に放し飼いにしている。

癒されますなぁ。

ひとまず、受付でチェックインしますか。

以前から泊まってみたかった、ワーケーションに最適な民宿「旅人の宿 まんまる」にチェックイン。洋室で予約したはずなのに、まさかの…

受付のある棟に入ると、開放的なダイニングルーム兼コワーキングスペースが広がっていました。

これはパソコン持ってきて正解かな。

ここでパソコン作業したら捗るだろうなぁ(結局しませんでしたがw)。

さっそく、スタッフの人を呼んでチェックインしました。

今回は洋室の個室を予約しており、とても楽しみにしていました。

しかし、ここに来てさっそく事件が起きます。

なんと、洋室を予約していたのに、案内されたのは↓

そう、和室。

ん?WASHITSU??

なんかの見間違いだよね?ねぇ?

そう思って聞いてみたら、「ごめんなさい、洋室じゃなくて和室に変更させてもらいました」だって。

「は???なんで勝手に変えるんだよ」

なんて、心優しい僕は直接言うことができずw

「まぁ、いいですよ〜」と言ってしまった僕。

もう、僕はなんでいつもこう、、、w

まぁ、和室も悪くないんですけど、、洋室には机と椅子があるのですが、和室には低いテーブルと座布団っぽいクッションしかない。

さらに、洋室にはベッドがあるのだが、和室は布団。

しかも、「自分で敷いとけよボケ」というスタイルだw

ハンガーはたくさんある。

一応、最大3名まで泊まれる部屋らしいから、3人分ということなのだろう。

洗面台があるのは良い。

あぁ、洋室ならこの辺に机と椅子があるんだけどなぁ、、、あぁぁぁぁ残念。

トイレは綺麗で良し。ウォシュレット付きなのもポイント高い。

各部屋の案内↓

一旦部屋から出て、キッチンのあるルームに入ると、

ここで自炊したりもできます。

洗濯機もある(200円、洗剤付き)ので安心。

(ただ、乾燥機はないので部屋干しになる)

こちらは24時間使えるシャワールーム↓

一応、温泉もあるけど17:00〜21:00までしか使えないのと、他のお客さんが入っていると使えないので、、面倒くさくて結局一回も温泉行っていませんw

さて、ここ「旅人の宿 まんまる」の料金ですが、素泊まり1泊5,000円(1人で利用する場合は6,000円)と個室にしてはリーズナブルだと思います。

しかし、僕は和室じゃなくて洋室が良かった、、、

しかも手違いとかではなく、意図的に和室に変更されていた、

それが個人的に気に食わない。

おそらく、他の客が洋室を強く希望したせいで、僕が犠牲になったのかもしれない。

あぁ、今更だけど文句言いたくなってきたw

(なんで僕はいつもこう、、、)

屋久島について早々、がっかりな出来事でした。

Google Mapの評価は星2で決定だなw

安房最大のお土産店「武田館」へ。さっそくお土産のオリジナルTシャツと僕お気に入りのお菓子を購入

チェックインしてからしばらく部屋でダラダラし、夕方ごろに腹減ってきたので飯を食いに行くために外出しよう。

と言っても、少し早めに出たこともあってかこれから行く店がまだ営業していないので、その近くにある「武田館」というお土産店で暇つぶしすることにしました。

歩いてたら、なんかハート型の窪みを発見↓

きっと、和室になったことに落ち込んだ僕を励ましてくれているんでしょう、、わかりますw

宿から歩いて20分、武田館へ。

ここは安房最大と言っていいほど規模の大きいお土産店で、よく観光バスの団体客が押し寄せるスポット。

案の定、僕が行った時もたくさんのジジババ連中年配の観光客がいました。

(ジジババ連中の一部のマナーが悪くて腹が立ったとは口が裂けても言えないw)

今回の僕のお目当ては屋久島Tシャツ↓

GREEN DESIGN WORKSが手がけるTシャツがですね、それはもうシャレオツでたまらなく良いわけですよ〜。

以前屋久島来たときは、胸あたりにハートマークのあるデザインのTシャツ買いましたが、気に入り過ぎて3年くらい、ヨレヨレになるまで着ていました(笑)

今回も同じデザインのものを買おうと思っていたのですが、せっかくなので新しいデザインのものも試してみたく、、

なんか良さそうなこちらの2枚を購入(同じデザインの色違い)↓

前面には屋久杉の写真がプリントされていて、なんかカッコいい↓(後日家で撮影)

裏面には縄文杉をはじめ、12の屋久島を代表する著名木の名が刷られています。

うん、超カッケェぇぇぇ!!!

買って良かったー。

1枚3,900円と高めですが、今後2〜3年はお気に入りとして着用するので、お金出す価値は十分ありますね。

他にも屋久杉関連のお土産、アクセサリー、お菓子、食材など様々な屋久島土産が並んでいます。

店内ぶらついていたら、僕のお気に入り発見↓

「永田の塩クッキー」これがすんげぇうまいんだべ!!(何弁?w)

屋久島行くたびに毎回食べたり買ったりしているお土産で、屋久島土産の中でも人気の高い品です。

4年前に来たときは永田の塩クッキーの工場直売所にて、塩クッキーを使ったソフトクリームとか販売していたんですが、今回来たときは閉業していたのが残念(Google Map情報)。

でも、永田の塩クッキーはちゃんと売ってたので良かった。

もちろん買いましたとも!

あとは、塩クッキーの隣にあった、ドーナッツっぽい形した「ティグレ」というお菓子。

しっとりしたマドレーヌっぽい記事の中に、チョコレートが埋め込まれている。

なんか美味しそうだったので、衝動買いしてしまったw

ちなみに、たんかん、パッションフルーツ、抹茶の3種あって、、

僕は「たんかん」を選んだつもりで購入したら、中身は抹茶でした。(後から気づいたというw)

いや、箱だけじゃ見分けがつかないでしょ(よく見たら、外についているゴム紐の色が違う、、見落としていたw)。

まぁ、抹茶も好きだし良しとするか。

本日の夕食、「定食ぱすた かたぎりさん」で名物の『とびうおひつまぶし』を食す。

お土産を購入してハッピーになった僕は、本日のディナーをいただきに「定食ぱすたかたぎりさん」へ。

ここは以前、1回来たことがある店。

店内は清潔で開放的、明るい感じがいい。

開店して10分も経っていないのに、すでに4〜5組のお客さんがいたのにはびっくり。

結構人気なんだな、この店。

そうそう、この店は文字通り定食メニューが豊富でして、

一般ピーポーが好きそうなメニュが一通り揃っています。

ただ、ここの一番の名物は「とびうおひつまぶし」。

屋久島といえばトビウオを使った料理が有名で、島内では結構トビウオメニューを出す店が多い。

前回来た時も「とびうおひつまぶし」を食べて美味しかったので、今回もリピート注文。

とびうお料理ということで、ビールも一緒に頼みました。

いやぁ、ビールうめぇ。

今日は真夏日並に暑いからなぁ、ビールが身に沁みるぜぇw。

ビールをちびちび飲みながらゆっくり待つこと15分ほど、ついにやってきました↓

見よ、これがとびうおのひつまぶしだ!

店員さんのお勧め通り、まずはひつまぶしをそのままいただきます。

そして、いよいよ次は、ビール好きにはたまらない食べ方、、、

OTYAZUKE(お茶漬け)!!

付属の薬味(のり、わさび、梅干しなど)を加え、用意された「あごだし」をぶっかけていただく「とびうお茶漬け」。

そのまま食べるのもアリだけど、僕は断然お茶漬け派ですね。

とにかくうまい!!

ビールが進む進む!!

美味し過ぎてあっという間に平らげてしまいました。

結構お腹いっぱいになり、満足したのでそろそろ帰ろうかと思っていたら、、

なんと、デザート付きだったことを忘れていたw

僕が帰ろうとしたところ、店員さんが慌ててデザート持ってきてくれたことで思い出したというねw

デザートも凝っていて、右側は九州醤油(?)のアイスクリームで、左側は屋久島産の緑茶のシフォンケーキだそう。

どっちも優しい味で美味しかった。

食後のデザートも満喫したことで、「洋室だったのに和室に変えられていた事件」で凹みかけていた僕のメンタルは見事に持ち直しましたw

今度こそ清算をして帰ることに。

宿へ帰る途中で、ミネラルウォーターを買うためにスーパーへ。

店名が独特ですが、普通にAコープですw

店内ぶらついていたら、美味しそうな寿司が↓

店の入り口付近にはお酒コーナーもある↓

これ、寿司とビールで部屋飲みするのもアリだな。

そう思っていたのですが、僕は思い出したのでした、、

そう、空港でおやつを買ってしまったことに。(買うのやめておけばよかったw)

なので今日は寿司はやめておこう。

ミネラルウォーターだけ買って宿へ帰りました。

宿に着いたら、さっそく食後のデザート↓(え?さっき食後のデザート食べたばかりじゃ?w)

うん、なんか思ってたのと違う。

普通に小さい方のスイートポテトの方が美味しい気がする。

それに、これはデカくて一人じゃ食べきれない、、、

ただ、生モノで今日中に食べないといけなかったので、頑張って詰め込みましたw

いやぁ、苦しいw

こんなものでお腹をいっぱいにするくらいなら、寿司とビールで満たしたかった、、とは口が裂けても言えませんw

衝撃の事実!部屋の壁が薄過ぎて…あの音も聞こえてしまう。。

食後のデザートを食べ切ってアザラシになった僕はしばらく部屋でゴロゴロしていたのですが、、

ふと外が騒がしくなったと思ったら、隣の部屋に3人組の中年組がチェックインしてきました。

そして、僕は衝撃的な事実に気付いてしまいました。

それは、、

部屋の壁が薄すぎる!!

もうね、びっくりするくらい薄いんですよこれが。

どれくらい薄いのかと言いますと、ヒソヒソ話やちょっとした物音でも聞こえてしまう。

鼻を噛む音も、ペットボトルのキャップを開け閉めする音も。

各部屋にはトイレが設置してあるんですが、トイレを流す音なんかはモロに聞こえるし、なんならトイレットペーパーを使う時のコロコロ音もしっかり聞こえる。

ん?ということは、だよ?

つまり、トイレで用を足している音の一部始終も聞こえるということですよ。

放尿した時の「シャーーー」って音も、もちろん聞こえる。

つーまーうぃーー(つまり)、、

(以下、下品な話なので食事中の方はご注意を!)

う○こする音も聞こえるということですよ?

そう、う○こ!w

これは気まずい、、う○こする方も、隣の部屋で聞く方も、、気まず過ぎる。

そういえば、、

僕はこのことに気づく直前、ガッツリう○こをしたのですが、、

その際に屁が山のように出てしまいました。

「ぶーーーーーーーー、、、ブッブぶーーーぶぶbーーーーー」

と、中身が出るまで20秒くらい、ずっと屁が止まらなかったw

(どんだけガス貯めてるんだ俺w)

僕の部屋は両隣の部屋に囲まれており、先ほどチェックインしてきた人たちの反対側には、すでにチェックインしている人がいました。

その人は女性で、一回あいさつしていたんですが、、

てか、よく考えたら僕がうんぴー💩している間、隣の部屋(女性のいる部屋)で物音がしたような、、

もしかして、僕がうんぴーする音、20秒間放屁し続ける音がその女性にモロに聞こえていたのではないか!?

もしかすると、僕はとんでもない醜態を晒したのかもしれない。

やらかした…w

まさか、ここまで壁が薄いとは想定していなかった。

ここはホテルじゃなかった、、一民宿に過ぎなかった。

防音もクソもない。

僕が人生で大切なものを失った瞬間でしたw

もし「旅人の宿 まんまる」に泊まる機会がある方は、どうかくれぐれも僕のような過ちは犯さないで欲しい、、どうかw

まぁ、やってしまったものはしょうがない。

もう開き直って、前を向いて歩いていこう。

この後はしばらくYouTubeやアニメ観たりしてダラダラ過ごしていました。

パソコン持ってきたのに、使う気配なしw

さて、明日は何しようか。

バス周遊チケットでも買って、屋久島のカフェ巡りでもしようかしら。

2日目へ続く。

屋久島旅行の記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛知出身の35歳独身、月収数百円のブロガー(ほぼ無職)やってます(笑) / 国立大学院→大手自動車部品メーカー3年→NZワーホリ1年→日本各地で季節労働5年→無職ブロガー3年目 / 旅が好き。無職だけど旅行バンバンします(笑) / 旅行記メインでゆる〜く発信してます。役に立つ情報を発信する気は1ミリもありません(笑)

コメント

コメントする

目次