【男1人ディズニーシー1泊2日の旅レポ②】1泊20万円!?ホテルミラコスタのスイートルームに宿泊してみた。客室、ラウンジ、ルームサービス、部屋からみるビリーヴ、全てが最高過ぎて泣いた!

どうも、ヒロキです。

さて、ついに運命の時がやってきました。

これから人生初のホテルミラコスタで、人生初のスイートルームに宿泊してまいります。

今回の記事はパート2ということで、前回のあらすじは以下パート1の記事にてご覧ください。

あわせて読みたい
【男1人ディズニーシー1泊2日の旅レポ①】人生初のシーに男1人で行ってみた。平日なのに人多過ぎて絶望。... どうも、ヒロキです。 わたくしめ、6月21〜22日の1泊2日でディズニーシーに行って参りました、、、 一人でw そう、噂の男一人ディズニーです。 「一人ディズニーとか恥...

さて、今回泊まるホテルミラコスタのスイートルームですが、なんと1泊20万円以上もします!

そんなスイートルームは一体どんな部屋なのか、どんな体験が待っているのか。

楽しみ過ぎてワクワクが止まんねぇぞw

それではさっそく、ミラコスタ(スイートルーム)という名の天国へ行ってみましょう。

画像200枚近くの大ボリュームなのでデータ通信容量にご注意ください…まぁこの記事開いた時点でもう遅いですがw(動画よりはデータ小さいからいいよね?w)

(動画バージョンもあります。ホテルミラコスタ、スイートルームの臨場感を味わいたい方はぜひ↓)

目次

【1日目】いざ、ホテルミラコスタのスイートルームへ!あまりの広さ、豪華さに34歳独身男、一人で大はしゃぎする(笑)

さて、話は前回の続きから。

ラウンジで部屋の準備ができるのをダラダラ待っていたら、スマホ(ディズニーアプリ)に通知が来たので、早速部屋に行ってみよう。

こんな風に鍵マークと部屋番号が表示される。

なんともオシャンティーなシステムや。

今回の僕の部屋は3101号室。

3101号室の前までやってきたら、先ほどのスマホ画面の鍵マークをタップしてからドアの前に近づけると、、

おぉぉ!!

すげぇ、スマホで鍵が開いた!

なんてハイテクノロジー。

この時点で僕はすでに感動しておりますw

だが、感動するのはまだ早い。

これから僕はスイートルームに入るんやで。

満をじして、いざ入室!!

わぉ!まず、絨毯がシャレオツ!

そして、入って右手を見ると、、

なんじゃこりゃー!!

広い広ーいリビングルームでございます。

あまりの広さに、わたくしめ一瞬フリーズしてしまったw

リビングルームのソファには預けていた荷物が置かれていました。

なるほど、これがスイートルーム、、これがVIP待遇というやつか(ちょっと違うw)。

リビングルームの中央にはテレビがございます。

そして、その目の前には人をダメにするソファーがあります。

いや、人をダメにするソファーとか、、草

さすがにこんなんでダメになるほど俺はまだ落ちぶれちゃいないからな、、

嘘つけがw

さっそくダメにされた僕であった。

それはさておき、こちらにはエスプレッソマシーンとお茶セットが。

左手の黒い箱の中には、、

炭火珈琲、アールグレイ紅茶、煎茶と3種のカプセルが。

これらをエスプレッソマシーンにぶちこんでやれば一発でドリンクが完成するというわけですね。

素晴らしい!!

お茶セットの下には冷蔵庫があり、その中を確認してみると、、

なんと水が4本もあるではありませんか!!

実に素晴らしい!!

奥のテーブルには何やら美味しそうなものが置いてある。

はい、こちらフルーツとマカロンです。

フルーツはホットライン(部屋の電話)で頼めばカットしてくれるらしい。

これがスイートの待遇。

だが、スイートの脅威はここからである。

テーブルの奥にある箱、こちらは噂のノベルティというやつ。

ミラコスタのスイートルーム宿泊者限定でもらえるやつ(1室1箱)。

実は僕、事前にノベルティについては調べており、どんなものが入っているのかは大体予想していました。

しかし、このノベルティ1つ1つには以下のようなシリアルナンバーがついており、

6000個に達すると、また別のノベルティに変わるんですよ。

つまり、ミラコスタのスイートに泊まればいつでも同じノベルティがもらえるというわけではなく、6000個ごとにもらえるノベルティが変わっていく(たぶん)。

なので、事前にノベルティの内容を下調べしたからといって全く同じものが手に入るという保証はないのだ。

まさに、この世の中に6000個しかない、プレミア付きの激レアノベルティということになる(個人的な見解w)。

さて、今回はいったいどんなノベルティなのか。

ワクワク。

開ける前から心臓がバクバクうるさいw

満をじして、いざオープン!!

うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!

キターーーーーーーーー( ・∇・)

34歳独身男、子供のように興奮しまくるww

これ、僕が下調べして「これ絶対に欲しい」と思っていたヤツそのものでした。

その内容は、オリジナルの荷物タグ2個と、オリジナルのトランプ。

特に欲しかったのは荷物タグの方。

見てください、このオシャンティーなデザイン。

こんな高級そうな荷物タグ。

以前からスーツケースに付ける用の荷物タグ欲しいと思っていたんですけど、なかなか良いやつが見つからなくて、、

そしたら、まさかのドンピシャで良いデザインの荷物タグが、まさかミラコスタで手に入るとは思いませんでした。

ただ、あまりにも高級感あり過ぎて、使うに使えないw(←おいw)

あと、オリジナルトランプもなかなかオシャレでした。

これ、友達と遊ぶときとかに使えそう。

うん、、

僕友達いないけどね…ww

(あ、嘘です、、数人はいますw)

はい、続きましては、こちらの低いテーブルの上にも何やらノベルティらしきものが置いてあります。

一体なんなのでしょうか。

さっそく開封してみると、、

なんと、シャレオツなエコバッグでした。

しかもミッキーミニー付き、裏にはミラコスタのロゴマーク付き。

シックで落ち着いた色なので使いやすい。

これは正直嬉しい。

さっそく普段の買い物で使おうw

2つもあるのは、この部屋が本来2名用の部屋だからでしょう。

でも、今回は僕1人で泊まるから、1人で2個ももらえてラッキー。

あー嬉しい、、、(棒読み)

1人でも寂しくなんかないんだからね。

続きまして、こちらは入り口入って左手にある2つのドア。

まず、右側のドアを開けてみると、、

なんと、洗面台付きのトイレが。

しかも広い!

トイレはウォシュレット付きでございます。

そして、左側のドアには、、

ハンガーラックがございました。

ハンガーもたっぷり2人分ありますね、、、はい。

そして、いよいよ寝室へ参りましょう。

寝室のドアをいざオープン!

おおぉぉぉ!!

大きなベッドが2つ。

ツインですが、1つのベッドがダブルくらいのサイズはある。

これは、どれだけ寝相が悪い人でも落ちない保証つきでございますねw

部屋の横には窓があるので、カーテンを開けて覗いてみると、、

わぉ!!

火山と湖がよく見える。

ちなみに、僕が今回泊まる部屋は「ポルト・パラディーゾ・サイド」というところに位置するらしく、パーク内の様子が一望できる最高のポジションみたい。

マップで言うと、僕の部屋はこの辺↓

東京ディズニーリゾート公式より引用

ちなみに、ディズニーシーでは夜19:40になるとナイトショーの「ビリーヴ」があの湖上で行われるらしく、

ポルト・パラディーゾ・サイドの部屋からは、ビリーヴを部屋の中から見れる。

素晴らしいぞ!!

これは夜が楽しみだ。

さて、ルームツアーを続けるとしよう。

こちら、寝室のテレビでございます。

リビングルームにもテレビがあったので、合計2台もあることになる。

しかも、寝室のテレビの方が1.5倍くらデカい。

テレビの目の前にはベッド、、、

これは人をダメにするテレビってやつか、、僕はダメにされないからな、、絶対。

やはりダメだ、コイツw

すぐに誘惑に負けるんだから、、。

ちなみに、ベッドの寝心地も最高でございます。

おい、やめろww

最高すぎて、思わず顔がキモくなってしまったわw

ベッドの横にある棚の中を調べてみたら、

ディズニー40周年記念のオシャレなポストカードが入っていました、、3枚も。

まぁ、使わないけど記念に取っておくか。

そして、こちら寝巻きでございます。

ミラコスタのMマークが輝いております。

上下セパレートなので使いやすい。

そして、寝室のクローゼットにはオシャレなバスローブも。

その下には、みんな大好きミッキーのスリッパが。

履き心地もなかなかGood!

あと、クローゼットの中の壁にセーフティボックスがございました。

壁の中に埋め込まれているセーフティボックス初めて見た。

さて、いよいよバスルームと参りましょうか。

こちら、ミラコスタスイートのバスルームでございます。

うおぉぉぉぉぉ!!広い!!

思わず声が出てしまうほど、とにかく広い。

洗面台が2つもあるし。

鏡もオシャンティーだし、何もかもすごすぎる。

それに、お風呂を見てみると、、

なんと、ジェットバスがついておりました。

素晴らしい!!

さらにさらに、ジェットバスの奥に何やらスイッチらしきものを発見。

調べてみたら、どうやらこれはバスルーム入り口左側にあるテレビのリモコンだということが判明。

つまり、ジェットバスに入りながらテレビを見られるということ、、

最高じゃねぇか!!

これは、、人をダメにするジェットバスですねw

ミラコスタのスイートルームには、人をダメにする仕掛けが随所に施されている。

気をつけねば。

こちら、タオルでございます。

タオル、めちゃたくさんある。

そして、洗面台の反対側にはシャワー室まである。

しかも、このシャワー室、結構広い。

ここで体を洗い流して、そのままジェットバスにドボンというわけですね、、わかります。

シャワー室の隣にドアがあるので開けてみると、、

こちらにもトイレがありました。

リビングルームにもトイレがあったので、合計2つ。

いつ漏れそうになっても安心設計でございます。

続いては、アメニティの紹介といきましょう。

こちら、歯ブラシとコップ、あとオシャレな缶です(雑w)。

これらのグッズ、全て持って帰ってOKなので、ディズニー好きには嬉しいでしょうね。

コップもなかなかオシャレですが、

僕が特に気に入ったのがこちらの缶↓

中には綿棒やら何やら入っておりますが、そんなものはいらねぇw

外の缶だけありがたくいただきます。

いやぁ、サイズ感ちょうどいいし、このオシャレな缶は使える!

先ほどのノベルティに続き、嬉しいお土産でございました。

続いては体洗う系。

こちら、高級そうな石鹸に、

こちら、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ローション。

こちらは2種類のバスタブレット。

そして、こちらはクリームやら化粧水やら、女子が喜びそうなグッズ。

引き出しにも歯ブラシがありましたが、これは子供用。左にはブラシも。

あと、ジェットバスにも備え付けのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープがありました。

ルームツアーはとりあえずこんなもんかな。

いやぁ、とにかくすごい!

スイートルームとだけあって、全てがすごい。(語彙力w)

まるで小学生のように、いちいち感動しまくっていた僕でしたw

ミラコスタと言えばルームサービス。超絶美味しいと噂の「ティラミス」をルームサービスで頼んでみた結果…

さて、ルームツアーで大はしゃぎしてから落ち着いた僕は、ミラコスタに泊まったら一度はやってみたいことを実行しようと思います。

それは、ルームサービスを頼むこと。

他のブロガーやYouTuberもミラコスタに行ったらルームサービスを頼め!っていうくらいおすすめしてい他ので、果たしでどんなものなのか体験してみたい。

ということで、いざルームサービスを利用してみましょう。

ルームサービスは部屋のテレビから頼むことができます。

リモコン操作でポチッとな。

最初に食物アレルギーが無いか聞かれるので答え、ルームサービスを開始します。

お食事の種類は「グランド/ディナーメニュー」を選択。

ご希望の日時とありますが、ミラコスタでは「出来次第」しか選択できませんでした。

画面下の方に現在の待ち時間が出るので、その時間に合わせて部屋にいるようにしましょう。

メニューは前菜からスープ、メインと様々。

ルームサービスとだけあって結構良いお値段しますが、どのホテルでもこんなもんでしょう。

さて、今回僕はルームサービスでぜひ食べてみたいものがありました。

それは、、

ティラミスでございます。

ディズニー好きのYouTuberさんが「ミラコスタ行ったら、ルームサービスのティラミスだけは4んでも食べろ!」と言っていたので(そこまで言っていないw)、

ちょっとお値段は張りますが、頼むことにしました。

ついでに他のメニューも色々眺めていたんですが、白ワインのメニューを見ていたら、、

あれ、僕の見間違いかな?

桁が1ケタ違うぞ?

ありえない価格に驚愕しながらも、気にせずにティラミスの注文手続きへ。

「注文確定」を押して注文完了です。

現在の待ち時間は約50分とのことなので、気長に待つとしましょう。

そして、、

待つこと約40分。

ついにやってきました。

キャストの方がティラミスをカトラリーごと運んできてくれました。

一応、カトラリー無しも選択できるんですが、カトラリーがあればこのように窓側で食べることもできるんですよ↓

こんなふうに、窓側でパーク内の人々を眺めながら優雅にティラミスをいただく。

最高じゃねぇか!!

さて、さっそく噂のティラミスをいただくとしましょうか。

まず、最初にびっくりしたのが、スプーンがスッと入っていく。

まるで雲をすくっているようなふんわり食感に、期待値爆あがり。

すくったティラミスを口の中に入れると、、

んんっ!?!?

これは、、、

今までに食べたことのないような新食感。

ふんわり口の中で溶けていく。

甘さ控えめで優しい味。

一言で言うなら、めちゃくちゃうまい!!!

だが、まだティラミスの表面部分しか食べていない。

食べ進めていくと、スポンジの層が見えてきました。

このスポンジの層も一緒にいただくと、、、

これが死ぬほどバカうめぇ!!!(表現の仕方よw)

こんな美味しいティラミスを食べたのは、たぶん僕の人生史上初めてです。

表層のマスカルポーネクリームの優しい甘さと、中のコーヒーシロップをたっぷり吸ったスポンジの少しパンチの効いた甘さが、見事なまでにマッチしている。

これは止まんねぇわ。

ティラミス食べてたらコーヒーが飲みたくなってきたw

せっかくなので、部屋のエスプレッソマシーンでコーヒー入れてみた。

こちら、ティラミスのコーヒーセットでございます。

このコーヒーがですね、思いの他うまかった。

とてもインスタントとは思えない味に、ティラミスともども感動しております。(ちょっと何言っているかわからないw)

すでに、わたくしめ幸せでございます。(この感じよ↓)

ちなみに、今日はインパークしてからホットサンドやら天麩羅膳やら食べに食べているので、この時点ですでにお腹いっぱいですw

でも、この後17時〜バータイムがあるし、19時〜は事前予約しておいたルームサービスのコース料理「フェスティーヴォ」が控えているので、、

ここで弱音を吐くわけにはいかない。

今日は腹壊してでも食べ尽くすぞ!と気合を入れました(←やめとけw)

なんだかんだで、ティラミスは完食。

食べ終わった食器やカトラリーは部屋の外に置いておけば、後でキャストさんが持って行ってくれます。

なんと便利なんでしょう、ルームサービスとは。

【スイート宿泊者限定】17時からのバータイムでお酒を飲みまくる。ここでしか飲めないオリジナルカクテルのお味は?

さて、いよいよ僕が一番楽しみにしていた時間がやってまいりました。

そう、スイート宿泊者のみに立ち入りが許される専用ラウンジにて、17:00より始まる「バータイム」のお時間でございます。

バータイムの時間はおそらく他の宿泊者も狙ってくるだろうから、少し早めの16:50くらいにはラウンジ入りしました。

そしたら、なんと、、

窓側の最高の席をゲットできました。

ここから、パーク内の人々の様子を一望できるではありませんか。

すでに、気分は最高でございます。

勝利のポーズ↓w

17:00になったところで、さっそくバータイムを楽しむとしましょう。

キャストさんから渡されたドリンクメニュー表を眺める。

カクテルやビール、ワイン、ウイスキーなど色々とありますが、ここのイチオシはなんと言っても「オリジナルカクテル」です。

オリジナルカクテルには合計7種類(たぶん)のフルーツを使用しているみたい。

フルーツの内容を見る限りでも、絶対うまい組み合わせやん!ってわかる。

僕は迷うことなくオリジナルカクテルを注文。

ちなみに、オリジナルカクテル以外のドリンク類はラウンジ後方のドリンクバーからセルフサービスで取ることもできます。

これはウイスキー類かな。

ビールにワイン類。

そして、ソフトドリンク。

もちろん、全て飲み放題でございます。

いやぁ、最高じゃねぇか!!

すでに興奮しております。

ヒャッハーーーーーーーー!!!w

興奮していたら、さっそくバータイムのお楽しみの一つ、ウェルカムプレートがやってきました。

うん、どうれもうまそう。

手前の生ハムが食欲をそそる。

続いて、オリジナルカクテルも運ばれてきました。

見てください、この鮮やかな色。

この中に、最高にうまい組み合わせのフルーツが詰め込まれているわけですよ。

オリジナルカクテルとウェルカムプレートの最高のコンビネーション、映えるねぇ。

思わず僕の顔が、、、

キモいw

それでは、さっそくオリジナルカクテルからいただきましょうか。

さて、お味の方は?

この顔、、どっちよ?w

うん、、、

うんまぁぁぁい!!

とっても美味しゅうございます。

想像通り、いやそれ以上にフルーティーで飲みやすい。

これは何杯でもいけるw

続いては、ウェルカムプレートの方を。

こちらのスナック、トマトソースにつけて食べると最高にうまい!

もう止まりません。

このトマトソースのレシピが知りたい。

それにしても、窓側の席のおかげで実にいい眺めだ。

パーク内の人々がよく見える。

僕はね、自らインパークしてウェイウェイするプレイヤーではなく、そんなプレイヤーたちを高みの見物する観測者でいたいわけですよ。(←何言っているんだコイツw)

「あー、今雨降ってる、、大変そうだねぇ」

とか

「あーあ、めっちゃ混んでて大変そうだねぇ」

とか、高みの見物しながら優雅にコーヒーやお酒を飲んでいたいわけですよw

これが僕流の至福のひと時でございます。

(なんという性格の悪いやつw)

オリジナルカクテルがうますぎてあっという間にグラスが空いてしまったところを、キャストさんが見計らっておかわりの申し出をしてくれました。

なんと気が利くこと!これぞスイートのVIP待遇!

オリジナルカクテルが美味しすぎたので、結局2杯目も同じものを注文しましたw

そして、こちらもあっという間に飲み干し、、

3杯目はスパークリングワインを注文。

こちらも絶品でございます。

心なしか、オリジナルカクテルよりも酔いが回るのが早い気がする、、ワインだから当然か。

すでに酔っ払っておりますw

この後、さらにオリジナルカクテル1杯、普通の白ワインを1杯飲み、、この表情。

もう思い残すことはないという、良い表情をしておりますw

なんだかんだで1時間半くらいラウンジに入り浸っておりました。

本当はもっと入り浸っていたかったけど、この後19:00から「フェスティーヴォ」を予約しているので、部屋に戻らなければならないのです、、あぁ残念w

でも、何事もほどほどに、、この辺にしておきましょう。

ルームサービスの限定セットメニュー「フェスティーヴォ」を頼んでみたら、すごかった!

18:30、部屋に戻った僕はすでにいい感じに出来上がっておりましたが、、

この後控えている「フェスティーヴォ」に備えねば。

しばらくソファーでダラダラして酔いを覚まし(ほぼ覚めていないw)、

時刻は19:10を回った頃、お待ちかねの限定セットメニュー「フェスティーヴォ」がやってきました。

わぉ、見た目から高級そうな匂いがプンプンする。

ちなみに、こちらの限定セットメニュー「フェスティーヴォ」、事前予約する必要があるのですが、数に限りがあるので当日予約しようとしても間に合わない可能性があります。

僕はネットで事前予約していたのですが、それでも残り枠がわずかだったので、それだけ人気なのでしょう。

「フェスティーヴォ」をいただくなら早めに予約しておくことをおすすめしたい。

さて、運ばれてきたフェスティーヴォを窓側にセットして準備は完了。

キャストさんが料理一品一品について説明してくれますが、当然僕の頭の中で処理できるような情報量ではなく全て右から左へ受け流されてしまいましたw

さて、ひと段落したところで、こちらのコース料理一品一品について見ていくとしましょうか。

まずはこちら、前菜メニューその1「縞鯵と帆立貝のタルタル 柑橘ソース」でございます。

なんともオシャレな盛り付けよ。

続いては、前菜メニューその2「ホワイトアスパラガスとシュリンプのソテー チーズソース」でございます。

奥にあるティーズソース(チーズソース)につけて召し上がります。

そして、こちらは魚料理「真鯛のサルタート プッタネスカソース 彩り野菜を添えて」でございます。

プッタネスカソースが良い香りを放っております、、すでに食欲がやばい。

そして、こちらは本日のメイン「やまゆりポークの煮込みとリ・ド・ヴォーのソテー レンズ豆のテリーヌ添え プラムソース」でございます。(料理名なげぇよw)

肉料理キターーーー!!

そして、こちらは3種のブレッド(パン)でございます。

真ん中には名物、ミッキーの形をしたパンがあります。

そして、締めのデザート「抹茶とシトラスのロールケーキ ミントゼリーと赤い果実のソース」でございます。

可愛らしい抹茶ロールケーキとオシャンティーな果実ソースが映え映えでございますね。

これは期待できそうです。

この他、コーヒーがついていました。

ところで、こちらの限定セットメニュー「フェスティーヴォ」のお値段ですが、、

なんと、、

13,000円でございます。。。

高っ!!

(9月から14,000円に値上げするらしい、、あと11月〜12月25日までのクリスマスシーズンは19,000円に跳ね上がる、、エグいw)

でも、一品一品が一流シェフの手がけた料理になるので、高級コース料理としてはこれくらいのお値段になるのもしょうがないのかも。

コース料理に見惚れていたら、外はすっかり暗くなり、、

気づけば、19:40に開演のナイトショー「ビリーヴ」まで残り少しまで迫っていました。

さて、これからビリーヴを鑑賞しながら優雅にコース料理でもいただくとしよう。

楽しみすぎてワクワクが止まんねぇ。(このセリフ何回目だろう?w)

ディズニーシーの一大イベント!部屋から見るナイトショー「ビリーヴ」がすご過ぎて感動した!

19:40、いよいよ始まりました。

ディズニーシーで1日の一大イベント、ナイトショーの「ビリーヴ」開演でございます。

オープニングから、すでに迫力がヤバい。

期待値爆上がりです。

さて、これから約30分の幻想的なショーが行われるわけですが、、、

結論から先に言ってしまうと、、素晴らしすぎて感動しました!!

あの、絶対に泣かない男と有名な僕ですら(笑)、思わず涙が出そうなほどに感動いたしました。

ぶっちゃけると、僕はそんなにパレードとか興味ない人なんで、最初はそこまで期待はしていませんでした。

まぁ、部屋からショーが見えるなら見てもいいかな、くらいの感覚でいました。

しかし、ビリーヴが開演してすぐに、その認識を180°ひっくり返されてしまいました。

まず、光の演出がヤバい。

湖のショーもすごいんですが、個人的に目が行ったのがミラコスタの壁面に映し出されたプロジェクションマッピング。

凄すぎて思わず鳥肌が立ってしまいましたよ。

光だけでなく、音楽もとてもいい。

それに、どうやらこのショーにはストーリー性があるらしく、一つの物語としてうまく完結している。

見ているだけで、ディズニーの世界観に引き摺り込まれていく。

さらには、ところどころ花火なども上がり、演出の強弱というか緩急にメリハリがあり、常に目が離せない。

期待していなかったという過去の僕のほっぺたをぺチンとしてやりたい、と思うくらい、想像を絶するナイトショーでした。

ディズニーの年間パス買って、ほぼ毎日ディズニーに通う人の気持ちが、今日分かった気がします。

そりゃ、こんな感動を味わえるなら、何回でも行きたくなりますよ。

どれだけ高いお金を払ってでも行きますよ、そりゃ。

ビリーヴを見ながら優雅にコース料理を堪能しようと思っていましたが、想定外にもビリーヴに全てを持って行かれて、コース料理どころではありませんでしたw

開演から30分間、いっときも目を離すことができず、ショーはいよいよフィニッシュへ。

いやぁ、本当にあっという間の30分、夢の30分でした。

終わった後も、あの感動の余韻がなかなか消えない。

実に素晴らしいナイトショーでした。

これはまた行きたいですわ。

一人でもこのナイトショーだけは見たい。

次はもっと良いスイートルームで、未来の彼女とビリーヴ見るんだ!!

というのが僕の夢ですw

はい、ショーも終わり、人々が続々と移動を始めております。

部屋から見るビリーヴも最高でしたが、ビリーヴ後の人々のうごめく様子を見るのもまた一興ですなw

ビリーヴに感動し過ぎて食べ損ねたディナー「フェスティーヴォ」をいただく。これぞ究極のコース料理!もう言うことはありません。

さて、ビリーヴに見惚れてすっかり食べ損ねてしまったコース料理をいただくとしようか。

まずはこちら、縞鯵とホタテの前菜から。お味の方は…?

見た目通り、ホタテが新鮮で美味しい。

柑橘ソースが良いアクセントになってさっぱりといただける。

続いては、前菜その2、アスパラとエビの前菜。

こちらは単体で食べても美味しいのですが、付属のチーズソースをつけて食べると絶品でした。

てか、チーズソースが主役と言っても過言ではない。

続いては、こちら真鯛のサルタート。

これは今まで食べた魚料理の中で、おそらく一番美味しかったんじゃないかってくらい、衝撃のうまさだった。

もちろん、今回のコース料理の中でも一番うまかった。

真鯛の素材だけでも十分美味しいのですが、トマトソースがこれまた絶品でして。

今日はラウンジで食べたスナックのトマトソースといい、つくづくトマトソースとご縁があるようだ。

そして、こちらが本日のメインのポークでございます。

こちらも肉が柔らかくて、程よい脂身があって優しい味。

コース料理が運ばれてきてからかなり時間が経ってしまったにも関わらず、柔らかさや風味はまだ生きている。

さすが、プロの料理人が作ったポークは一味違う。

コース料理を堪能してたら、パークが閉園の時間となり、人々が続々と帰っていく。

こういう光景が見られるのもミラコスタ宿泊者の特権ですな。

そして、最後は食後のデザート、抹茶のロールケーキでございます。

赤色のソースと透明のゼリーがなんとも言えないシャレオツ感を

お味の方は、、、

これもうまい!!

小さいながらに凝縮されたお抹茶のクリームが口の中でブワーっと広がる。

シャレオツな赤いソースと透明ゼリーも侮るなかれ、一緒に食べるとまた違った味が楽しめる。

僕は正直、味音痴なのでこんな高級コース料理を食べても「うまい!」くらいの感想しか言えませんがw

それでも、部屋からパーク内を眺めながら優雅にコース料理を食べるという体験は忘れ難いものとなりました。

これ、一人じゃなくて彼女とか彼女とか彼女と一緒に食べたら、きっと100倍美味しいし100倍楽しいだろうなぁ〜〜〜。

あ〜〜こんな僕にも春が来ないかな〜〜〜w w(リア充滅びろ←嫉妬w)

1時間以上ゆっくり時間をかけて、なんとか完食いたしました(すいません、苦しくてブレッドをひとかけらだけ残しましたw)。

いやぁ、とても美味しゅうございました。

ごちそうさまでした。

人々がいなくなったパーク内の様子↓

人がいないパーク内もまた趣があって良いですな。

しばらく電気を消して黄昏ていましたw

そして、気づけば時刻はあっという間に23:00を回り、、、

「せっかくスイートに泊まっているんだし寝るのが勿体無い」

と思いつつも、体は疲れているのでそろそろ風呂に入って寝るとしよう。

さて、お風呂といえば、、スイートルームにはジェットバスがついているんだった!

使えるものは全て使ってスイートのお風呂を満喫する男。

いやぁ、最高ですなぁ。

こんな贅沢が許されて良いんでしょうか。(そう問いかけておきながら、遠慮なく贅沢するやつw)

こうして30〜40分くらいジェットバスを堪能したのち、24時を回る前にはベッドで寝落ちしておりました。

【2日目】朝起きたらまさかのサプライズに感動!ミラコスタに宿泊してよかったと思った瞬間。

翌朝、僕は5:30に目が覚めました(早っ!)。

こちら、5:30過ぎのパーク内の様子↓

ガラガラですが、ちらほらとパーク内の関係者の人がいました。

普通にパーク内を車が通ったり、チャリで移動している人がいて面白かった。

こういう、パークの裏側も見られるのは良いですね。

さて、この後しばらくベッドの上でダラダラと過ごし、ゆったりと朝風呂を満喫し、、

時刻は7:00を回った頃、何やら外が賑やかになっているなぁと思い窓の外を見てみると、、

なんと、開園後のショーのリハーサルをしているではありませんか!!

手を振っているキャラクター達とそれを真剣に見るスタッフたちの構図。

なんかシュールで面白い。

昨日の昼間はショーを見過ごしたので、ここでじっくりと見られたのは嬉しい誤算。

あちら、たぶんスイートの中で最上級のバルコニー付きの部屋。

バルコニーからパレードを見ている人もちらほら。

あぁ、バルコニーいいなぁ!!

僕の部屋はスイートといえどバルコニーないし、窓もほんの少ししか開けられないし(落下物を防止するために窓が1センチくらいしか開かない)。

あぁぁぁ、羨ましい!!

きっと、1泊50万円くらいするんだろうなぁ。。

次は絶対にあのバルコニー付きスイートに泊まる!!

未来の彼女と絶対に泊まるんだ!!

そんなことを誓う、34歳無職の男であったw

6月からリニューアル!?事前予約制の「ベッラヴィスタ・ラウンジ」の朝食ビュッフェがやばかった!

朝のパレード(リハーサル)を見ていたら、予約していた朝食の時間がやってきたので、朝食会場へと向かう。

8:00ごろ、本日の朝食会場「ベッラヴィスタ・ラウンジ」へやって参りました。

こちらは事前予約制のレストラン。

一応、一般利用も可能ですが、スイート宿泊者は無料で利用できるのと、混雑時間帯もスイート宿泊者が優先的に案内されるという、、

まさにスイート宿泊者のための朝食会場と言っても過言ではない(たぶん)。

名前と部屋番号を受付の人に伝えると、席へと案内してくれます。

それにしても、なかなか高級感のあるビュッフェ会場ですな。

美味しそうな料理がたくさん並んでおります。

ちなみに、6月からここの朝食ビュッフェがリニューアルしたとのことなので、とても楽しみにしておりました。(僕が行ったのは6月21〜22日)

眺めもなかなかよさそう。

本日の僕の席。

2列目の席でも十分絶景でしたが、欲を言うなら窓側1列目の席がよかったなぁ。

てか、ちょうど僕が座った時、目の前の1列目の席がちょうど片付けてたから、そこに変えて貰えばよかった(この5分後に別の家族が座ってしまった、、、クソがw)。

さて、気持ちを切り替えて、早速ビュッフェの紹介といこう。

まずは、こちら8種のブレッドでございます。

どれもこれもうまそう。

チョコデニッシュやクロワッサン、ミッキーの形をしたパンまで、魅力的なパンが勢揃いです。

続いては左から順に、みんな大好きスクランブルエッグと、ロートロという鶏肉の料理、ズッキーニとトリッパ(牛の胃袋)の煮込みでございます。

こちらは、ミートソースのパングラタンと、キャベツとブロッコリー(ほぼ残骸やんけw)。

こちらの小さいポットの中は、、

魚介と野菜の煮込み料理でございます。(これは美味しそう)

こちらは、、何かのピラフw

さっきの魚介と野菜の煮込みに、このピラフをつけて食べると美味しいですよ〜、、とスタッフが教えてくれました。

こちらはドリンク類。

定番の牛乳、オレンジジュース、アポゥジュース、そして珍しいスパークリングウォーター、普通のウォーター。

こちら、みんな大好き生ハム、サーモン、チーズ(酒に抜群に合う組み合わせやんw)。

バナナとチェリー、ヨーグルト。

シリアル3種と牛乳。

こちらはミネストローネ、右手にはバジルソース付き。

こちらはサラダコーナー。ピクルスやオリーブなどの変わり種もあって良いですね。

ドレッシングの種類も多し。

これで全部でございます。

まずは第一陣を取ってまいりました。

美味しそうなメニューが多かったので少し取りすぎたw

さて、お味の方は、、

この顔が物語っておりますw

特にスクランブルエッグが絶品でした。卵が雲を掴むようにフワトロ。

これ無限に食べられるわw

あと、もう一つ、ズッキーニとトリッパの煮込みも絶品でした。

特にトリッパのコリっとした食感がたまらない。

好きな人にはとことん刺さる料理だと思います。

ブレッドの中では、ミッキーの形をしたパンが絶品でございました。中に入っているのは、、なんかのフルーツとカスタードクリーム。

このカスタードクリームが良い仕事をしています。

あと、こちらの魚介と野菜の煮込みも、魚がふっくら柔らかく、魚介の出汁がしっかり具材に染み込んでいて美味しかったです。

正直、ビュッフェの品数はそこまで多くない印象ですが、一品一品のクオリティが高く、どれも高級料理レベルの味でした(味音痴の僕が言っても説得力ないw)。

美味しいビュッフェに舌鼓を打っていたら、パークの開園時間がやってきて、続々と人々がインパークしてまいりました。

僕はこうして高みの見物をするのが何より楽しいw

どうやら2日目の今日は雨らしく、みな傘をさしている。

心の中でザマァ、、ゲフン、雨でも楽しんでね、と人々にエールを送るのであった。

さて、第一弾を食べ終えたので、続いて第二弾を取ってきました。

こちら、さっき食べて美味しかったものを中心に取ってきました。

本当はもっと食べたかったんですが、昨日は食べに食べまくって、ぶっちゃけ今朝はそんなにお腹空いていなんですよね。

なので、今日は控え目にしております。

第二弾もあっという間に平げ、そろそろ締めのデザートといきましょうか。

ベッラヴィスタ・ラウンジの朝食ビュッフェのデザートはこちら↓

「マスカルポーネ リコッタのケーキ」でございます。

スタッフに言うと、リコッタケーキの上にマスカルポーネクリームをたっぷりとかけてくれます。(たぶん、多めに!っていえばもっとかけてくれると思います)

クリームをかけてもらったら、横にあるトッピングコーナーで好きなようにトッピングします。

さて、こちらがトッピング後のマスカルポーネ リコッタのケーキでございます。

見てください、このクリーム。

マスカルポーネクリームにはバニラビーンズがたっぷり入っております。

お味は、、見た目通り最高でございます!!

こんなの、おいしくないわけがない。

朝からこんな至高のデザートが食べられるなんて、わたくしめ幸せです。

本当はもう10個くらい食べたかったんですがw、さすがに苦しくなってきたので1個にしておきました。

いやぁ、美味しかったなぁ。

ごちそうさまでした。

チェックアウトぎりぎりまでスイートルームを満喫。最高の宿泊体験をありがとう。いつかまた絶対に来る!と誓う。

9:00ごろ、部屋に戻ってからは、、

12時のチェックアウトギリギリまで、コーヒー飲みながら部屋でダラダラと過ごしていましたw

せっかくだし、部屋に置いてあったマカロンをここでいただくとしよう。

このマカロンがですね、、

想像以上においしくて感動しました。

これ、絶対高いやつだ。

美味しすぎて思わずガッツポーズしてしまったw

普通なら、

「まだ時間あるんだし、ホテル内のお土産店とか見て回ったらいいじゃん」

とか、

「インパークすればいいじゃん」

とか思うかもしれませんが、僕はホテルの部屋でダラダラするのがこの上なく好きでございまして、、

普通の人から見たら「もったいない」と思うことこそに、価値があると思っておりますw

つまり、何が言いたいかというと、、

ダラダラ過ごすことこそ、僕流の贅沢な過ごし方なんですよ。

何もしないことに幸せを感じる、、コスパ最高じゃねぇか!!w

はい、、どうでもいい話でしたw

結局、11:45ごろまで部屋でダラダラと過ごし、、

11:50ごろ、運命の時がやってきました。

そう、チェックアウトという、、支払いという現実。

スイートルームにいる間はまさに夢の時間でしたが、、ホテル代、ルームサービス代の合計額を見て青ざめる僕w

ちなみに、ホテル代とルームサービスの合計額はなんと、、

229,500円

でした、、、うひゃーーー!!

23人の諭吉があの世に召されましたw

夢の国に来て、現実を突きつけられた瞬間でしたw

さて、チェックアウトを終えたし、、特にやることもないのでそのまま帰るとしますか。

それにしても、今回のミラコスタの滞在、思いの外楽しむことができました。

ミラコスタは評判が良いホテルだとは聞いていましたが、実際に泊まってみたら評判以上に最高の体験ができたと思います。

今回は一人でも十分に楽しめましたが(ただしインパーク編は除くw)、これ友達や彼女と来たら絶対もっと楽しいだろうなぁ、、

次は絶対に、、絶対に彼女と来る!!

未来の彼女カモーン!!w

ただいまの時刻は12:15を回ったところ、、

普通ならまだ帰るには全然早い時間帯ですが、僕はもうミラコスタで幸せになったので思い残すことなく帰れますw

リゾートラインのホームにも人は全然おりません(当然ですw)。

さて、この後は舞浜に戻り、舞浜駅の近くにあるお土産店「ボンボヤージュ」に寄ってみました。

せっかくなんで、1個だけお土産を購入。

ディズニーシーのクランチチョコレート。

このクランチチョコ好きなんですよねぇ。

ディズニーのクランチチョコはうまい。家で思い出に浸りつつ、美味しくいただくとしようw

とまぁ、こんな感じで今回のディズニー1泊2日の旅は終わりです。

いかがでしたでしょうか。

どうだ、羨ましいだr、、、ゲフン、

ブログからディズニーの雰囲気を感じていただけましたでしょうか。

楽しんでいただけたなら幸いです。

さて、次回はどこへ行こうかな。。

とりあえず、7月の下旬に太平洋フェリーに乗って北海道(苫小牧、函館、新千歳)へ行く予定なので、、

次回の記事は北海道一色になるかと思います。

それでは、またお会いしましょう。

バーイ!

男1人ディズニーシー1泊2日の旅レポ一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛知出身の35歳独身、月収数百円のブロガー(ほぼ無職)やってます(笑) / 国立大学院→大手自動車部品メーカー3年→NZワーホリ1年→日本各地で季節労働5年→無職ブロガー3年目 / 旅が好き。無職だけど旅行バンバンします(笑) / 旅行記メインでゆる〜く発信してます。役に立つ情報を発信する気は1ミリもありません(笑)

コメント

コメント一覧 (2件)

  • はじめまして。
    お勉強はまぁまぁできるけど周囲と馴染めない長男と、やや学校行き渋りの長女の子育て中のおばちゃんです。
    趣味は海外旅行でしたが、結婚してからはなかなか行けませんね。
    今回YouTubeのおすすめ動画からこちらに飛んでまいりました。
    何の動画か?と言いますと、ディズニーシー、ミラコスタでございます。
    なかなか見応えのある動画でした。
    特にお食事をされている表情!美味しいものを頬張っている姿は、拝見しているこちらも一緒に楽しめました!
    ミラコでのオリジナルカクテルを飲んでいる時、ティラミスを食べて感動している表情!最高でした。
    登録もしました〜

    きっと今の生活に至るには、色々な出来事がおありだったのでしょう。
    良いじゃないですか!人生は一度きり!
    自分を楽しませてあげましょう!
    私もそんな人生は憧れますよ!
    子供達にも、学校だけが全てじゃない!
    世界はもっと広い!と教えたいです。
    応援しています。
    また動画あげてくださいね〜

    • かおりさん

      コメント、およびミラコスタの動画視聴ありがとうございます。
      そのようにおっしゃっていただけると、とても励みになります!
      食べている時の表情ですが、正直かなり恥ずかしがりながら撮っていましたが、
      勇気をいただいたので今後は全力で変顔、、じゃなくて感動を顔で表現していきたいと思います(笑)

      ちゃっかりチャンネルも登録していただいて、、僕は感動のあまり泣き崩れそうです。
      今後も「面白い!」って言っていただけるような動画やブログ作り頑張ります!

コメントする

目次